スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レーシックで視力回復!目の手術で視力矯正チャレンジサイトトップ >レーシックで注意すること >>レーシックの後遺症で遠視になってしまう事がある

レーシックの後遺症で遠視になってしまう事がある

レーシック手術の中にも人によっては後遺症が残ってしまう事があると言われています。
有名なものはドライアイやグレア現象などがあります。
これらは症状が軽ければ数ヶ月程度で治ると言われているので
そこまで深刻に考える必要はないと思いますが、取り返しのつかないものもあります。

レーシック手術の後遺症には過矯正というものがあります。
これは一度の手術で必要以上に矯正をしてしまった場合に起こると言われています。
近視自体は治す事が出来るのですが、治し過ぎで今度は遠視になってしまうのです。
近視の人がいきなり遠視になると視界が歪んだりクリアになり過ぎて気分が悪くなってしまうそうです。

スポンサードリンク


ただ、慣れていない状態だった場合は手術後に自然と治るのですが、
医師のミスによるものだと遠視が治らずにそのまま定着してしまいます。
ドライアイやグレア現象といったものは医師のミスによるものではないので
仕方ないといえば仕方ないのですが、
過矯正は医師による手術ミスである事が多いです。

ですので、こういった後遺症を残したくないのであれば、
ある程度レーシック手術の数をこなしていたり
それなりの経験を積んでいる人にお願いした方がいいかもしれません。
また、相談する時も親身になって聞いてくれたり、
リスクについてもしっかり説明してくれる所を選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク


theme : 元気になるヒント
genre : 心と身体

最新記事

証券会社を選ぶ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。