FC2ブログ
スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーシックによる過矯正とはなにか

レーシック手術について調べていると、
よく人によっては矯正不良や過矯正というような事が起こる可能性があると書かれていたりしますよね。
矯正不良は、視力が上手く回復しなかったんだろうなという事が分かりますが、
過矯正というのはなんなのでしょうか?

過矯正という文字を見る限りでは矯正のし過ぎだという事だけは分かりますよね。
でも、目が悪い人にとっては特に悪い事ではないんじゃないでしょうか?
矯正のし過ぎという事はそれだけ良く見えるようになるという事だから

とても喜ばしい事だと思う人が多くいるかと思いますが、
今まで良く見えていなかったのにいきなり良く見え過ぎてしまうと
気分が悪くなってしまったりクラクラしてとても辛い状態になってしまいます。
また、せっかく近視を治したのに今度は遠視化してしまうようになってしまいます。

スポンサードリンク


遠視というのはある意味で正常な目ですが、
いきなり良く見え過ぎてしまうようになるのは、
良く見えない時よりもずっと辛い状態になってしまいます。

レーシック手術を受けていなくてもメガネやコンタクトレンズもやり過ぎると
異常に良く見えてしまって気分が悪くなりますよね。
それがずっと続くので経験がある人にはこの辛さが分かるかと思います。

しかし、遠視の矯正はとっても難しいので病院によっては
レーシックの再手術をしてくれない事もあります。
なので、手術を受ける前はその病院が
丁寧に対応してくれる所かどうかを見極めてから決めるようにしましょう。

スポンサードリンク


theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

最新記事

証券会社を選ぶ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。