スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乱視用のレーシック手術にかかる費用

レーシック手術には近視の人用と乱視の人用の二つがあります。
一般的に知られているレーシック手術は角膜の表面を切り取り黒目の部分にレーザーを当てて
ピントを調節するという近視用の手術方法ですが、
乱視用の手術は少しばかり方法が異なります。

角膜の表面を切り取りレーザーを使用する所までは同じなのですが、
レーザーの使用方法が違います。
乱視というのは角膜が歪んでいる事で起きるものですので、
乱視のレーシック手術ではその角膜の形状を変化させるために使用します。
角膜の形状を変化させるというのは聞くだけだと少し怖いような気もしますが、
手術自体は痛みもほとんどなくすぐに終わってしまうので

スポンサードリンク


気が付いたら終わっていたというような感じだと思います。
また、手術の際は当然ですが点眼麻酔を使いますし、
メスは一切使用しませんのでそこまで怖くは無いんじゃないでしょうか?

このように手術の方法が違うと費用もそれだけ変わってきてしまうのではないかと思われますが、
費用自体はそこまで差はありません。
乱視用レーシック手術では安くて15万円前後で、高くても30万円前後となっています。
近視用の手術費用も大体それくらいですので費用は同じと言ってもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク


theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

最新記事

証券会社を選ぶ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。