FC2ブログ
スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レーシックで視力回復!目の手術で視力矯正チャレンジサイトトップ >レーシック手術の問題 >>レーシックを受ける病院によっては後遺症として乱視になってしまう事がある

レーシックを受ける病院によっては後遺症として乱視になってしまう事がある

レーシック手術を受ける病院や医師によっては近視を綺麗に治す事が出来ますが、
その病院や医師の手術によっては後遺症を残してしまう可能性があります。

ドライアイやグレア現象などは目薬を点す事で治せたり、日にちが経てば治りますが
医師による手術ミスが原因だと後遺症が残ってしまったり、
再手術が必要になってしまう事があります。
この医師による手術ミスで意外と多くある後遺症が不正乱視というものです。

この不正乱視は大体が医師のミスが原因で起こる後遺症です。
普通レーシック手術を受ける時は適応検査を受けます。
人によっては角膜が薄かったり他に目の病気があったりして
レーシック手術を受ける事ができなかったりするので適応検査をするのですが、
これを良くせずに角膜が歪んでいる事を見つけられないと不正乱視になってしまう事があります。

スポンサードリンク


また、これ以外にもフラップの形成に失敗してしまうと
近視を治せても乱視になってしまう事があるようです。

せっかくレーシック手術を受けたのに後遺症が残ってしまうのは嫌ですし、
結構腹が立ってきますよね。
なので、こんな事が起きないためにも手術を受ける病院や医師の人をちゃんと見て
本当にここでいいのか良く考えてから手術を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク


theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

最新記事

証券会社を選ぶ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。