FC2ブログ
スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レーシックで視力回復!目の手術で視力矯正チャレンジサイトトップ >レーシック手術の問題 >>視力回復手術は感染症になってしまう事がある

視力回復手術は感染症になってしまう事がある

視力回復手術は簡単・安全が売りだったりしますよね。
多少のリスクはあるかもしれませんが、その他の目の手術や体の手術に比べれば
安全なので患者さんも比較的安心して視力回復手術を受けていますが、
絶対に安全だという事は言い切れません。

視力回復手術を行った後に起きてしまう可能性があるものは、
夜になると照明が異常に眩しく感じてしまったり、ドライアイになりやすくなってしまったりなどが
有名ですがこれは数カ月経つと自然に治ったりドライアイになってしまった時は、
ドライアイ用の目薬を点すようにすると治るのでそこまで深刻に考えるようなものではありません。

しかし、中にはこのように軽い症状だけでは済まないものもあります。
それは感染症です。

スポンサードリンク


感染症は滅多に起こるものではないので考え過ぎ無くても大丈夫かと思いますが、
実際に感染症になってしまう人もいるので可能性がある事を覚えておくといいかもしれません。

もし、視力回復手術を受けてから目が白く濁りだしたら
すぐに手術を受けた病院などに行くようにしてください。
白く濁りだしたという事は感染症にかかってしまったという可能性がとても高いですので、
早く治療しないと入院する事になってしまうかもしれません。

ですので、手術を受ける前は医師と十分過ぎるくらいに話し合うようにしましょう。

スポンサードリンク


theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

最新記事

証券会社を選ぶ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。