スポンサードリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
レーシックで視力回復!目の手術で視力矯正チャレンジサイトトップ >レーシックで注意すること >>レーシック手術を受けると後遺症としてドライアイになる事がある

レーシック手術を受けると後遺症としてドライアイになる事がある

レーシック手術は視力を回復させてくれるという目の悪い人にとってはとても有り難いものなのですが、
場合、人によっては後遺症が残ってしまう事が多くあります。
どんなに安全な手術を言われていても、絶対・完璧という言葉は存在しませんので
レーシック手術でもそれなりに覚悟をしなければなりません。

レーシック手術を受ける事によって残る後遺症で多いのは
ドライアイになってしまうという事です。
ドライアイは手術を受けなくても多くの人が悩まされているものですが、
これまでドライアイになった事が無い人でもレーシック手術を受けた事によって
ドライアイになってしまったという事があるので術後も気を付けて生活をした方がいいでしょう。

スポンサードリンク


ただ、ドライアイは専用の目薬があったりしますので
それを点す事によって治せたりもしますが、
人によってはずっと残ってしまうかもしれませんのでそれなりの覚悟をしておきましょう。

しかし、どうしてレーシック手術を受けるとドライアイになる事があるのでしょうか?
その原因は手術中のレーザーに問題がありました。
普通レーシック手術をする時は角膜の表面を切ってフラップを形成するのですが、
その時に使用するレーザーや医療機器によって角膜にある神経を切断してしまう事があります。

それが原因でドライアイになってしまう事があるのですが、
ほとんどの人がフラップの修復が完了するとともにドライアイも治ると言われています。

また、後遺症としてドライアイになる確率はそこまで高くはありませんので、
深刻に考え込む必要はありません。

スポンサードリンク


theme : 医療・病気・治療
genre : 心と身体

最新記事

証券会社を選ぶ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。